サステナビリティ - 私たちの野望

私たちの目的:日常生活を少し楽にする、環境に配慮した地域サービスを発明する。

急速に変化する世界、そして気候変動という課題において、私たちはみな対応し、適応する必要がある。

従業員、顧客、パートナー、投資家は、企業が社会と関わり、その価値を発揮することを望んでいます。私たちは自らの責任を自覚し、この新たな挑戦に取り組む決意です。

サステナビリティは単なる概念ではなく、私たちのオペレーションの中核をなすものです。革新的なフォトブースから、環境にやさしいセルフサービス・ランドリー機やその他の即席自動販売機まで、私たちの旅はすべてを網羅しています。

私たちはカーボンニュートラル企業になるための初期段階にありますが、フットプリントを最小化するための措置を積極的に講じています。

私たちの社会的責任
社員の力でMEグループの成功を築く

  • 雇用者ブランドの向上
  • グローバルに活躍する優秀な人材の確保と定着
  • 従業員エンゲージメントの強化
  • 従業員のスキルアップを支援する

OUR ENVIRONMENTAL FOOTPRINT:
天然資源保護への注力を強化します。

  • 気候変動を緩和する行動をとる
  • 循環型経済への支援継続
  • エネルギーや水などの天然資源を守る
  • 2040年までにカーボンニュートラルを達成する

社会に対する私たちの責任
地域の生態系に関わること

  • お客様・ユーザーとの信頼関係を深める
  • ローカルインパクトと地域開発の強化
  • お客様の期待に耳を傾ける
  • 包括的なアプローチをとる

マテリアリティ・マトリックス

マテリアリティ分析は、サステナビリティ・アプローチの精神とプロセスに従って実施された。つまり、社内外のステークホルダーとの対話を通じてです。

このマトリクスは、当グループの短期的・長期的な抱負と主要ステークホルダーの期待に照らして、当グループの主な課題に優先順位をつけることを目的としている。当グループの活動状況、サステナビリティのベストプラクティス、リスク、機会、課題などを分析するため、インタビュー対象者が記入する質問票を事前に準備し、合計30件以上の個別インタビューを実施した。

 

 

  • 帰属意識/認知度
  • 内部コミュニケーション
  • CMの最適化/B2Bとの関係
  • 1Dとフォトレンジの持続可能性
  • ブランド認知度
  • CSRのアプローチ
  • ユーザーの満足度
  • サイバーセキュリティ
  • グローバルなデジタル化の進展
  • ネットワーク技術者の強さ
  • 人事政策/協働管理
  • 雇用主ブランドの魅力
  • 研究開発
  • トレーニング方針
  • オンボーディング
  • サーキュラーエコノミー
  • 消費者の流れの増加
  • フードレンジの成功
  • コインランドリーの成長
  • 主要口座の調整
  • クラウドオペレーティングシステム
  • 製品の最適化
  • 財務パフォーマンス
  • 国際開発